Japanese Vita


       

(指揮者)

===    ===

1952

45 東京生まれ。3歳よりピアノを学ぶ。

1971

3月、東京教育大学付属高等学校(現在の筑波大学付属高等学校)卒業。

4
月、桐朋学園大学音楽学部、作曲理論学科・指揮科に入学。
指揮法を斎藤秀雄氏・小沢征爾氏に、ピアノ・作曲を三善晃氏の下で学ぶ。

1975

3月、桐朋学園大学音楽学部、作曲理論学科・指揮科、卒業。

7
月、ザルツブルク・モーツァルテウム国際音楽夏期講習会・指揮科、受講。 オーストリア国立放送協会より、ハンス・ハーリング賞を受賞。 同放送協会のために「ハイドンの交響曲第103番」を録音、放送される。

9
月、引き続き、ベルリン国立歌劇場(東ベルリン)に於いて、同歌劇場音楽総監督オットマール・ズイトナー氏の下で研鑽を積む。

197678

デュッセルドルフ・ラインドイツ歌劇場コレぺティートアに就任。

通常のレパートリー(モーツァルト、ヴェルディー、プッチーニ等)に加え、ワーグナー、リヒャルト・シュトラウス、ヤナーチェック、プフィッツナー、ケルターボルン等のオペラを共演・習得。舞台裏・副指揮者としても活躍。

ヴェルディー、ロッシーニ、プッチーニの作品をアルベルト・エレーデ氏の下で、
ワーグナー、リヒャルト・シュトラウスの作品をリヒャルト・トリンボルン氏の下で、
ヤナーチェック、プフィッツナーの作品をギュンター・ヴィッヒ氏の下で学ぶ。

197881

ゲルゼンキルヘン市立歌劇場、ソロ・レぺティートアに就任。

喜歌劇「こうもり」で、指揮者としての仕事を始める。
「カルメン」「ボエーム」等を次々に指揮、好評を得る。

198185

ヴュルツブルク市立歌劇場 Studienleiter 兼指揮者に就任。

「ファルスタッフ」「オテロ」「アイーダ」「マクベス」「イドメネオ」「フィガロ」「マルガレーテ」「トゥーランドット」「愛の妙薬」等を指揮。

198588

ミュンスター市立歌劇場、第一指揮者兼音楽監督代理に就任。
青少年・ファミリー・コンサートを主幹、定期演奏会の指揮も兼任する。

1987年、ミュンスター市主催の日本週間の一環として、三木稔のオペラ「あだ」をドイツ語初演、好評を得る。

1988

リヒャルト・シュトラウスの「無口な女」の指揮をきっかけに、デュッセルドルフ・ラインドイツ歌劇場より「リゴレット」「フィガロの結婚」等の客演指揮を依頼される。

198996

デュッセルドルフ・ラインドイツ歌劇場第一オペラ指揮者に就任。

199194

南ヴェストファーレン・フィルハーモニー交響楽団音楽監督兼任。

デュッセルドルフ・ラインドイツ歌劇場でのオペラの指揮と同時に、著名な独奏者との共演・CDやラジオへの録音・委嘱作品の世界初演等、シンフォニー・コンサートの分野でも、幅広い演奏活動を始める。

199601

バイエルン州立コーブルク歌劇場、音楽総監督に就任。
数多くの作品をコーブルク初演、オペラ・演奏会両面に新風を吹き込む。

青少年・ファミリー・コンサートを新設、観客層の拡大化を計るとともに、リヒャルト・シュトラウス・チクルス、マーラー・チクルス等の新企画を次々に実現。

長年の経験を生かして、劇場運営の円滑化を進める。

2000

首都オペラの招聘により、ワーグナー「さまよえるオランダ人」で、日本デビュー。
非常な好評を呼ぶ。

2002

5月、指揮者急病に伴い、新国立劇場の招聘により急遽帰国。
リヒャルト・シュトラウス「サロメ」を指揮、各方面から高い評価を得る。

9月、首都オペラの再度の招聘により、ヴェルディ「マクベス」を指揮。

12月、新国立劇場・二期会の招聘により、リヒャルト・シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」を指揮。

2003

9月、新国立劇場オペラ研修所の特別講師として招かれ、ヨハン・シュトラウスの喜歌劇「こうもり」を指導。

10月、愛知芸術振興財団の招聘により、ヴェルディ「椿姫」を指揮。
全国的に注目を集める。

2004

2月、東京フィルハーモニー交響楽団の招きにより、同団オペラシティー・シリーズ定期演奏会を指揮。自身で編纂したワーグナーの「ニーベルングの指輪・ハイライト」を初演し、コンサート指揮者として日本デビュー。

3月、東京都交響楽団と初共演。リヒャルト・シュトラウスの「バラの騎士組曲」・オルフの「カルミナ・ブラーナ」等を指揮。

10月、国立音楽大学の招きにより、同大学院オペラ公演「フィガロの結婚」を指揮。

10月、ドイツ・ゾーリンゲン市に於いて、ジークフリート・ワーグナーのオペラ「異教の王」を演奏会形式で指揮。  70年ぶりの再演は、音楽界の話題を集め、演奏会はWDR(西ドイツ放送局・ケルン)から同時中継され放送される。 後日、Deutschland Radio(ベルリン)からも再放送。

2005

1月、大阪シンフォニカー交響楽団定期演奏会を指揮し、大阪デビュー。

200410月に行われたジークフリート・ワーグナーのオペラ「異教の王」演奏会形式実況録音が「ナクソス・マルコポーロ」社よりCD として発売される。

2006

7月、東京シティー・フィルハーモニック交響楽団、第201回定期演奏会に客演。

2007

大阪シンフォニカー交響楽団との「交響曲第5番(ブルックナー)」の演奏、及び、関西二期会公演「愛の妙薬」の指揮により、2007年度音楽クリティック・クラブ賞を受賞する。

2008

4月、大阪シンフォニカー交響楽団音楽監督・首席指揮者に就任。

2009

1月、東京シティー・フィルハーモニック交響楽団、第225回定期演奏会を指揮。
10月、大阪シンフォニカー交響楽団第139回定期演奏会「 児玉宏のブルックナー」における交響曲第6番の演奏成果に対し、<第64回文化庁芸術祭「芸術祭大賞」>を受賞。

 

2012

11月、「日本で馴染みの薄い作品を積極的に取り上げるとともに、意欲的なプログラム編成で充実した演奏活動を展開し、大阪内外から多くの注目を集めるなど、音楽文化の振興と発展に貢献した」として、<第47回大阪市市民表彰(文化功労部門)>を受ける。

 

2016

3月、<第66 芸術選奨 文部科学大臣賞 音楽部門 >を 受賞。

 

 

19832008

南ドイツ・ポンメルスフェルデン宮殿で毎夏開催されている国際音楽講習会に講師として参加、オーケストラのための音楽演奏法について、毎年世界各国から集まった学生を相手に、実技指導・指揮を行う。

200308

新国立劇場オペラ研修所に特別講師と招かれ、毎年定期的に研修指導と講義を行う。